Archive for the ‘Concerts’ category

More funk (and summer festival advertising)

June 21, 2012

Do you remember my post on Zainichi Funk?
Today I bring you some more funk. Accidentally, I just found out that most of these bands are going to the next Indie Festival in Shimokitazawa this July, so if you are in Tokyo on the 1st of July, make sure to pay these concerts a visit in Indie Fan Club Shimokitazawa! (Zainichi Funk, Petrolz and Gentle Forest Jazz Band, among many others)
前の在日ファンクのブログ・ポスト覚えていますか? 今日はまたファンクのような音楽を紹介しようと思っています。それも面白いだけど、偶然に今年の7月1日の下北沢のインディーズ・フェスティバルにはほとんどこのバンドたちが演奏します。在日ファンク、ペトロールズ、GENTLE FOREST JAZZ BANDなど!なので、よかったら是非行ってみてください。こっちは必ず行きますよ。詳しくはIndie Fan Club Shimokitazawa

Petrolz is worth a good listen. Vocal, bass and drums, here on a live performance which is part of the SLEEPERS FILM project, one in the same fashion as the famous TAKE AWAY SHOWS.
ボカルとベースとドラムスだけで「ペトロールズ」はすごいファンキーな音楽を作っています。このビデオは「SLEEPERSFILM」という「TAKEAWAYSHOW」のようなプロジェクトで作られてあります。面白い曲やビデオが多く、ホームページで全部UPされちるので興味があったら是非チェックしてください。LINKはこちら

Although this Big Band band is a bit unrelated to the title, Zainichi Funk’s trumpeter also plays in it and it is DEFINATELY worth a listen. Here is a funny video from Gentle Forest Jazz Band.
下記にUPされているビデオは「GENTLE FOREST JAZZ BAND」の面白いビデオの一つ。このバンドはビックバンドで、カッコウよくて独創性があると思います!トランペットを吹いている人は在日ファンクのメンバーにもいます。

SAKEROCK is Zainichi Funk’s Kenta Hamano’s other band. Generally more famous than the former, however. Mostly instrumental, awesomely cool.
「SAKEROCK」は浜野謙太の他のバンドです。在日ファンクよりずっと有名だと思うけど、こっちはインストルメンタルのようです。

Advertisements

Post and math rock Top 5 (oops Top 6)

October 23, 2011

The contained excitement of post-rock and math-rock, with its powerful but voiceless sound, matches somehow very well with the Japanese reserve, I believe. And in fact there is a whole lot of amazing material around, in these genres.
ボーカルを使わないポストロックとマスロックはちょっと感情を抑えた感じがする。日本人の慎ましさといい組み合わせだと思います。そして、それらのジャンルには良い音楽がまだまだあると思います!

“Mono”, one of the most famous post-rock artists worldwide, with some Classical influences.
「Mono」は世界有名なポストロックのバンドです。クラシックな影響が入っています。

“te'” with their always endless song titles
「te’」というバンド。終わらなさそうのトラックの名前はこのバンドのトレードマーク。

“Condor44”, Vocals in this kind of genre are pretty rare, there’s not much besides Sigur Ros (and Toe or downy, in Japan?).
このジャンルの中で「Condor44」のデュオはチョット珍しい。「Sigur Ros」と日本の「Toe」か「downy」と同じ形で声が出ています。

If you are curious about their closer to Indie-Rock songs, try this one!
気になったら、このインディーロック見たいな曲も聴いてください。

“LITE” similar to Toe
「LITE」は「Toe」と似ているのMATHROCKバンド。

For the ones not yet tired from my top 5, here goes a last song, by “downy”.
もう疲れていないんですか?この最後の曲を聴いてください。

Take away shows and the streets of Tokyo

September 13, 2011

Today I chose a couple of songs with videos shot in the streets of Tokyo, which I think will provide a nice virtual traveling experience!
Two of them are Take away shows (played live on the streets). Shugo Tokumaru and Tenniscoats. Shimo Kitazawa, one of the locations, is actually a town next to where I was living before, with lots of bars, record stores and some concert spots.
今日は東京でとったPVのいくつかの曲を選んだ。面白いバーチュアル旅行ができると思います。二つのビデオはTAKEAWAYSHOWというライブです、「トクマルシューゴ」と「テニスコーツ」。実際に、下北沢は先に私が住んでいた町の近くです。

Not a live show, but a good portrait of Shimo Kitazawa at night.
これはライブではありませんが、下北沢の雰囲気は感じることができると思っています。

Tokyo instrumental concert scene

September 6, 2011

Yesterday I took a peek at one of the many concert hotspots in Shibuya (o-nest) and was surprised once again. 3 or 4 of lives per day, every day of the week, and this kind of club is all over town. Where they get so many bands from I don’t know, but they do seem not to end, even for sophisticated, experimental kind of genres. Anyway, discovered a couple new bands on the jazz / post-rock borderline.
昨日、渋谷にある多くコンサートハウスの一つ(o-nest)をのぞいて見ました.またびっくりしました.毎日、3か4ライブあります.そして、この種のクラブは東京でいっぱいあります.どこから そんなにたくさんバンドが来る私はわからないんですけど、終わらなさそう.とにかく、新しいジャズとポストロックの境界のバンドを見つけました.

And from a japanese guy on the venue I heard about those supposed to be the “gods” of the genre, toe and Special Others.
コンサートで日本人の男と話していた。彼によれば、そのジャンルの中で神のような存在のバンドがあるという。「toe」と「Special Others」。